社会保険労務士法人 clovic・トップ > お知らせ

お知らせ

お知らせ一覧
2021.06.08 「年度更新」と「算定基礎届」

 

6月から7月にかけて、労働保険・社会保険ともに年に一度の大事な手続きがあります。

 

〇労働保険の年度更新〇

 

年に1度、労働保険料(労災保険料・雇用保険料)を納付するための手続きです。

 

毎年その年度(4月1日から翌年3月31日)に支払うと思われる給与の見込総額を決めて、それに保険料率を掛けた額を概算保険料として申告・納付します。

 

そしてその年度が終了したら、確定した給与総額をもとに確定保険料を算出し、すでに支払った概算保険料と確定保険料との過不足を精算します。同時に新しい年度の概算保険料を納付します。

この毎年度繰り返し行われる労働保険の申告・納付の手続きを年度更新といいます。

 

〇算定基礎届〇

 

社会保険料(健康保険・厚生年金保険)は、毎月変動する給与に直接保険料率を掛けるのではなく、月の報酬を等級ごとに区切った「標準報酬月額」に保険料率を掛けることにより計算します。

 

この標準報酬月額と、実際の毎月の給与額とに大きなズレが生じないように、1年に一度見直し作業が行われます。

 

これがいわゆる「定時決定」で、その際に提出する届出書が「算定基礎届」です。

 

算定基礎届は、7月1日現在に被保険者となっている従業員の4月・5月・6月に実際に支払われた報酬(給与)の平均額(報酬月額)を算出し、その年の7月10日までに日本年金機構、または健康保険組合に提出します。

 

これにより決定された標準報酬月額は、大幅な給与の変動がない限り、その年の9月から翌年8月までの1年間、社会保険料の算出に使われます。

 

 

労働保険料の申告・納付、算定基礎届の提出は、ともに7月10日(令和3年度は7月12日)が期限です。

年度更新の書類は5月末ごろから、算定基礎届は6月後半に事業所に届き始めます。

今から準備を進めておきましょう!

 

※厚生労働省ホームページ

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/

koyou_roudou/roudoukijun/hoken/roudouhoken21/index.html

※日本年金機構ホームページ

https://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/

2021/202105/20210520.html

 

 

 

〈助成金、給与助計算、人事労務管理なら、お気軽にお問い合わせください〉お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-655-818,[受付時間]月曜~金曜 9:00~18:00

最新の記事

〈助成金、給与助計算、人事労務管理なら、お気軽にお問い合わせください〉お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-655-818,[受付時間]月曜~金曜 9:00~18:00

お知らせカテゴリ一覧

  • 労務・税務
  • 助成金
  • ビジネス情報

事業内容

  • 助成金(人を雇い入れるとき)
  • 助成金(創業するとき)
  • 助成金(研修、育児、パートタイム、雇用調整等)
  • 労務管理
  • 人事制度
  • 就業規則
  • 社会保険労務士業務
  • 給与計算業務
  • 労働保険事務組合
  • 労使協定
  • 定期健康診断
  • 報酬額のご案内
社会保険労務士法人 clovicお問合せ専用フリーダイヤル 0120-655-818お問合せ専用フォーム