2019年5月、改正労働施策総合推進法(通称:パワハラ防止法)が成立しました。

これにより、パワーハラスメント防止のための雇用管理上の措置が、企業にはじめて義務付けられました。

大企業では2020年6月、中小企業では2022年4月から施行されます。

 

雇用管理上必要な措置の具体的内容としては、

●企業(事業主)によるパワハラ防止の社内方針の明確化と周知・啓発

●苦情などに対する相談体制の整備

●被害を受けた労働者へのケアや再発防止 等 

が挙げられます。

 

適切な措置を講じていない場合には是正指導の対象となり、パワハラが常態化して改善が見られない場合には企業名が公表されます。

 

―では、なぜハラスメント対策が重要なのでしょうか?―

職場におけるハラスメントは個⼈としての尊厳や⼈格を不当に傷つける⾏為です。

また、これに起因する問題としては、労働者の意欲の低下などによる職場環境の悪化や職場全体の生産性の低下、労働者の健康状態の悪化、休職や退職などにつながり得ること、これらに伴う経営 的な損失など様々なものがあります。

ハラスメントは個人間の問題では済まず、経営上の大きな問題につながります。

ハラスメント防止のための必要な具体的措置を取るともに、事業主・従業員の両者がハラスメント問題に関する理解と関心を深めることが重要です。

 

clovicでは、

1.就業規則、ハラスメント防止規定の作成・整備

2.外部相談窓口 

2.~5.ハラスメント防止研修 

を提供し、中小企業の快適で良好な職場環境づくりをサポートします。

 

※厚生労働省パンフレット

https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/content/contents/000656438.pdf